ヘルストロンは電気を使いますが、体に電気が流れるわけではなく、形成された電界に触れるものになります。

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
ヘルストロンは電磁波の椅子です。

ヘルストロンの電気の流れる仕組み

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
電気に関しては、少し間違った使い方をすると大変なことが起きます。ですから使用上の注意に関してはきちんと読み、その通りに使い、それ以外の使い方は慎むようにしなければいけません。そうしていれば問題なく使うことができます。電気製品の電気も身近ですが、それ以外の電気として静電気などを感じることがあるでしょう。

冬の乾燥した季節などではビリっとする不快感を感じることがあります。電気に感電するとは静電気に当たる時と同じような感覚になります。ヘルストロンは電気を流すことで健康になると言われます。そう聞くと体の中に電気が流れ、静電気のようにピリピリくるイメージになるのですが、それだと怖くて使えない人も多くなりそうです。

仕組みとしては、頭と座部に電極があり、そちらを通電して使います。通電したからといって、座っている人に電気そのものを感じるわけではありません。通電により座っている部分に電界が形成され、それを利用する形になります。電界そのものはピリピリくるものではありません。

関連サイト