鍼灸院において、治療前にヘルストロンを利用する例があります。治療の前段階の状態にできるそうです。

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
ヘルストロンは電磁波の椅子です。

鍼灸治療前にヘルストロンを利用

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
医療においては、西洋医学と東洋医学、その他のものもあるでしょう。西洋医学は西洋薬や外科手術などが知られています。日本でも江戸時代などには手術は行われていたようです。東洋医学の方は主に中国から入ってきたもので、漢方などに関しては日本で独自に発達をしています。それでも中国に学びに行く人もいるときいています。

鍼灸治療も東洋医学の一つになるでしょう。体の中の経絡上にツボがあり、それを刺激したりすることで治療をしていきます。ある鍼灸院においてヘルストロンを治療前に使っているとありました。通常は医療機器とはいえ単にリラックするため、気分を良くするために使うことが多いようですが、こちらはより医療に近い使い方をされているようです。

治療前に座ってもらっておくことで深部の血行が改善するとのことです。そうすれば鍼灸治療においてはその分を軽減することができます。本来の治療に専念することができるそうです。この機械の機能を知っているからこその利用でしょう。

関連サイト