ヘルストロンとは、電波や電位層の違いにより乱れた現代社会の私達の身体の調子を整えてくれる機械です。

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
ヘルストロンは電磁波の椅子です。

ヘルストロンとはどんな機械でしょうか

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
ヘルストロンとは、日本で初めて医療用具として厚生労働省から認可を受けた電位治療器です。当時は昭和38年のことなので、正確には厚生省となりますが。正式には、「白寿交流高圧電界保健装置」と言い、肩こり・頭痛・ストレス・不眠症・慢性便秘・腰痛などに効くそうです。

人間の体は、脳から発せられる弱い電気信号によって動いています。しかし地球の表面では、地表からの距離によってわずかに電位層というものが違うのだそうです。今の社会では、地表から遠く離れた高層ビルやタワーマンションで過ごしている人も多く、また私たちは携帯電話などの電波にも常にさらされています。そのことにより余計にストレスがかかったり、頭痛を引き起こしていることがあるようなのです。そこで、地表の電位層を再現できるヘルストロンを使用すると、血中のイオンバランスが調整され、様々な身体の不調が改善されるとのことです。と言っても、電気を流されてビリビリするようなことはないそうなので、安心して使用できます。

関連サイト