ヘルストロンでは、高電圧が発生しますが、高電流が流れるわけではないので感電することはありません。

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
ヘルストロンは電磁波の椅子です。

ヘルストロンは高電圧で高電流ではない

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
鉄道の架線を触ったり電線を触ったりすると感電してしまうかもしれません。高電流が流れているからです。人は体の大半が水分と言われています。電流は水を通しますから、一気に流れてしまうのです。体脂肪計などについては体に電流を流すといいますが非常に少ないものになります。ですからピリッと感じることもなく利用できます。

ヘルストロンの特徴の一つとして高電圧を発生させると言われています。そのために怖い機械と思われます。でも高電圧はそれほど危険ではありません。静電気でピリッと来るのも高電圧によるものです。ピリッと来ても特に体に以上は起こらないでしょう。もし電流だとしたら、一気に体に流れてしまうはずです。それは危険な状態です。

この機械においては、電流は非常に僅かです。微電流と言ってもいいでしょう。そのために感電などをすることはありません。実際に利用している人に利用時の感想を聞くのが一番です。更に自分で座るのが最もわかりやすいです。

関連サイト