体に金属が入っていることがあります。銀歯などはだれでもあるでしょう。それでもヘルストロンは利用可能です。

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
ヘルストロンは電磁波の椅子です。

体に金属が入っているときヘルストロンを使えるか

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
歯の治療をした時金属の被せ物を使ったり、銀歯などを入れたりすることがあります。その他インプラントにおいても金属を使うことがあります。銀歯などにおいては、チョコレートの銀紙などを噛むとぴりっと痛みが走ることがあります。金属反応するそうです。昔の素材は反応するタイプが多いようで、気をつけたほうがいいと言われます。

ヘルストロンを利用するにあたって、体に金属が入っていても問題ないかです。問題があれば歯などのものも関係しそうだからです。これについては特に問題がないそうです。また、体の中に金属を埋め込んでいる場合があります。骨折をした時に一時的に入れるものや、人工的な関節などで使われます。これらがあっても大丈夫のようです。

ただし、心臓のペースメーカーを使っている場合、脳などに金属が入っている場合には使用をしてはいけませんとあります。金属が体の中に入っている場合には、念の為に医師に確認をして、問題ないことを聞いて利用しましょう。

関連サイト