ヘルストロンを低周波治療器のように思っている人がいますが、医療機器と言っても全く違うものです。

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
ヘルストロンは電磁波の椅子です。

ヘルストロンと低周波治療器の違い

ヘルストロンは電磁波の椅子です。
テレビショッピングなどでよく見かけるものに低周波治療器があります。肩こりなどの場合、肩などに電極を貼って機械を動作させます。そうするとわずかならが電極パットが動くのがわかります。マッサージをしたり、微量の電気を流すことで血流を良くしようとします。電流自体は微量なので、痛みなどを感じることは少ないようです。

それでも何らかの反応はあります。その分治療されている雰囲気はあると思います。実際にも一定の効果があるとされています。ヘルストロンについても最初は低周波治療器のように思っている人がいたようです。椅子からコードが伸びていて、それを肩や腰などに取り付けると思っていたようです。実際にはそういったものは一切ありません。

低周波治療器とは違い、電界を発生させる機械になります。その中に体を置き、血流を良くしたりするものになります。電気を入れているからといってほとんど反応はありません。座っていると徐々に温まるような感覚はあります。

関連サイト